貴景勝 大関になって初の皆勤負け越し「来場所まで力をつけたい」

[ 2020年3月23日 05:30 ]

大相撲春場所 千秋楽 ( 2020年3月22日    エディオンアリーナ大阪 )

貴景勝(左)を押し倒し11勝目を挙げた朝乃山(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 朝乃山に敗れた貴景勝は大関5場所目で初めての皆勤負け越しとなった。「まわしを途中で引かれちゃったので、それが全てかなと思う。自分も一生懸命やったが、こればっかりは勝負だし」と淡々と振り返った。38年ぶりの一人大関は1場所で終わり、夏場所は朝乃山と2大関の見通し。「一生懸命、来場所まで力をつけたい」と2度目のカド番での巻き返しを誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月23日のニュース