カナダが五輪とパラリンピックへの派遣を中止 1年延長されない場合の措置

[ 2020年3月23日 11:56 ]

封鎖されたカナダ東部ケープ・ジュリーマンの道路(AP)
Photo By AP

 カナダの五輪委員会とパラリンピック委員会は22日、東京五輪とパラリンピックが1年延期されずに予定通り開催される場合には選手の派遣をどちらも取りやめると表明した。

 「これは公衆衛生上の問題。新型コロナウイルスとそれに伴うリスクを考慮すると選手は安全な状況に置かれておらず、彼らの家族や地域社会の安全も十分ではない」として現時点で派遣中止に踏み切ったもの。すでに国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会には文書で通達済みで、国もしくは地域として「不参加」を表明したのはカナダが初めてとなった。

 カナダは2016年のリオデジャネイロ五輪には314人を派遣して16個のメダルを獲得。そのとき競泳女子の100メートル自由形で優勝したペニー・オレクシアク(19)や、陸上短距離男子のアンドレ・ドグラス(25)ら、東京五輪でも金メダル候補となっている有力アスリートを抱えている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月23日のニュース