Bリーグは4月1日まで中止、4月4日以降は再検討

[ 2020年3月17日 19:01 ]

<Bリーグ 川崎・北海道>無観客の中で行われた試合(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 バスケットボール男子のBリーグは17日、都内で臨時実行委員会を行い、次節(B1は21、22日、B2は20~22日)から4月1日までのB1、B2合わせて95試合を中止すると発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月28日~3月11日の試合を延期。14日から4月1日までのB1とB2合わせて計131試合を無観客で行うとして再開したが、14日の川崎―北海道で北海道の3選手が体調不良で中止となり、15日は千葉―宇都宮が審判の発熱により中止となっていた。再開については選手、監督から不安の声も漏れていた。

 16、17日に選手会や各クラブと議論した結果、今回の判断に至った。中止を決定した試合の扱いや4月4日以降のレギュラーシーズン、5月のチャンピオンシップの実施について、Bリーグは「追ってご案内いたします」としている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月17日のニュース