佐合、染谷が五輪代表確定 空手のPL大会中止で

[ 2020年3月17日 11:52 ]

 世界空手連盟(WKF)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪出場権を争うポイント対象大会として4月17~19日に開催予定だったプレミアリーグ(PL)マドリード大会を中止すると発表した。これに伴い、組手の男子67キロ級で佐合尚人(高栄警備保障)、女子61キロ級で染谷真有美(茨城県職)が五輪代表に決まり、男女の形と組手で代表計8人が出そろう形となった。

 全日本空手道連盟関係者によると、今月1日終了のPLザルツブルク大会(オーストリア)後の五輪ランキングを基に五輪出場者が確定するとWKFから正式に通達があったという。

 WKFは今月13~15日のPLラバト大会(モロッコ)を中止とし、代替措置として11日にPLマドリード大会をポイント対象大会に追加。当初4月6日付としていた五輪ランキングの基準日をずらしたばかりだった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月17日のニュース