NBA 6月再開目標 五輪期間を利用し8月も開催で調整 八村の代表ピンチ?

[ 2020年3月17日 05:30 ]

ウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 新型コロナウイルスの影響でシーズンを中断しているNBAが、6月中旬か下旬に再開を目指していることが分かった。米スポーツ専門局ESPNが報じたもので、各クラブに対して8月にプレーオフを開催できる会場の確保を求めているという。シーズン打ち切りではなく、本来なら6月中旬終了の予定を約2カ月後ろへずらし、東京五輪の開催期間を利用して日程を消化する狙いとみられる。

 シーズンが長期化して東京五輪が予定通り開催なら、各国出身のNBA選手の五輪出場は難しくなる。プレーオフ進出チームはもちろん、レギュラーシーズン敗退チームの選手も五輪への準備時間が短く、シーズン終了直後の参戦による肉体的負担も大きい。ウィザーズの八村塁も日本代表での東京五輪出場が危うくなりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月17日のニュース