朝乃山 逆転で鬼門突破!大関昇進目安まで「あと5勝」

[ 2020年3月17日 05:30 ]

大相撲春場所9日目 ( 2020年3月16日    エディオンアリーナ大阪 )

<大相撲春場所9日目>正代(左)を寄り切りで下した朝乃山(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 大関獲りの朝乃山が鬼門を突破した。直近2連敗している正代にいなされて崩れかけたが、右を差して立て直すと上手も取り、落ち着いて寄り切った。7勝目を挙げて「おっつけられて半身になったけれど、そこで我慢して右を差した」と振り返った。

 前日は豊山に不覚を取ったが連敗を阻止し、大関昇進の目安「3場所三役で計33勝」にあと5勝とした。残る6日間へ向け「失うものはない。吹っ切れて開き直った」と覚悟を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月17日のニュース