羽生結弦は23番滑走、友野一希は20番、鍵山優真は15番 四大陸7日に男子SP

[ 2020年2月6日 12:25 ]

フィギュアスケート四大陸選手権第1日 ( 2020年2月6日    韓国・ソウル )

SPの滑走順抽選に臨む羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 7日に行われる男子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が行われ、初優勝を狙う羽生結弦(ANA)は25選手中23番目に滑ることが決まった。

 シニアの国際大会デビューとなる鍵山優真(星槎国際高横浜)は15番、友野一希(同大)は20番目に登場する。最終滑走は金博洋(中国)となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月6日のニュース