阿炎 「寝てた」発言で厳重注意 錣山親方と謝罪

[ 2020年2月6日 05:30 ]

日本相撲協会を訪れた阿炎(左)と錣山親方
Photo By 共同

 日本相撲協会が実施した4日の研修会後に自覚に欠ける発言をした小結・阿炎(25=錣山部屋)が、鏡山コンプライアンス部長(元関脇・多賀竜)から厳重注意を受けた。

 昨年11月に阿炎と当時十両の若元春がインスタグラムに不謹慎な投稿をして厳重注意を受け、4日の研修会ではSNSに関する講義も行われたが、阿炎は取材に応じられない旨を伝えた上で「寝ていたので聞いていない」などと発言していた。この日は師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)とともに相撲協会に呼び出されて謝罪。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「研修会の議題にもなり、大きな責任があるということを感じてもらいたかった。何を考えているか分からない」とあきれた様子だった。

 芝田山広報部長によると、懲戒処分は科されない見通し。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月6日のニュース