紀平 今季唯一80点超えの“戦闘服”に衣装変更 連覇へ「ノーミスを目指す」

[ 2020年2月6日 05:30 ]

6日開幕 フィギュアスケート四大陸選手権 ( 韓国・ソウル )

練習する紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 好イメージの衣装でロケットスタートを決める。6日の女子SPに向け、連覇を狙う紀平梨花(17=関大KFSC)が5日の練習に本番衣装で登場。昨年11月のNHK杯以降は赤基調の衣装だったが、昨年10月のスケートカナダで着用した青基調の戦闘服に戻した。「これで(本番も)いきます。青にしようかなって」と笑った。スケートカナダでは完璧な演技を披露して81.35点と今季5戦で唯一、80点を超えている。

 この日の練習ではトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の切れ味は抜群で、8日のフリーで挑む可能性が高い4回転サルコーも着氷した。SPは21選手中18番目に滑走。「SPもフリーもノーミスを目指したい」と意気込む17歳が完璧に2分50秒を演じる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月6日のニュース