グリズリーズ激震 3チームのトレードでイグダーラら3選手を放出へ どうなる渡辺雄太?

[ 2020年2月6日 14:44 ]

トレード要員となっているグリズリーズのクラウダー(AP)
Photo By AP

 NBAグリズリーズは5日、ヒートとサンダーを含めた3チーム間のトレードで、今季一度も出場していなかったフォワードのアンドレ・イグダーラ(36)をヒートに放出。スポーツ専門局のESPNによれば、フォワードのジェイ・クラウダー(29)とソロモン・ヒル(28)も交換要員に入っており、トレード期限の前日となったこの日のマーベリクス戦には出場しなかった。

 ヒートからは腰を痛めて1月8日から出場していない“ポイント・フォワード”のジャスティス・ウィンズロー(23)がグリズリーズに移籍。サンダーからはこの日のキャバリアーズ戦に出場したフォワードのダニロ・ガリナリ(31)がヒートに移籍するとESPNは報じている。

 西地区全体8位のグリズリーズは敵地ダラスでマーベリクスを121―107(前半59―56)で下して26勝25敗。渡辺雄太(25)は119―104で迎えた残り1分13秒からコートに入って今季7試合目の出場を果たしたが、シュートを打つ場面はなかった。

 イグダーラは昨季までウォリアーズに在籍。3度のファイナル制覇に貢献し、2015年にはMVPとなった。しかし昨年7月にグリズリーズにトレードされてからは一度も出場しておらず、本人は別のチームへの移籍を希望していた。

 クラウダーとヒルも移籍した場合、プレーオフ圏内にいるグリズリーズはチームの再編成を迫られるため、マイナーGリーグのハッスルとの「2―WAY契約」を締結している渡辺雄太(25)の“立ち位置”がどうなるかが注目されるところだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月6日のニュース