炎鵬 春場所へ「立ち会い」課題、稽古で克服だ

[ 2020年2月6日 05:30 ]

炎鵬
Photo By スポニチ

 幕内最小兵・炎鵬が5日、春場所に向け稽古を再開させた。東京都墨田区の宮城野部屋で四股などで汗を流し「初場所で気づいた点が何カ所かある。強化して来場所へやっていきたい」と抱負を口にした。

 自己最高の西前頭5枚目で臨んだ初場所は13日目で勝ち越しを決めながら最後に連敗。千秋楽で輝に完敗した一番を挙げ「立ち合いで圧倒された。最後そういう負け方をするということはそれが課題」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月6日のニュース