白鵬1敗キープ 単独トップで終盤戦へ「まあ一番、一番」

[ 2019年11月21日 05:30 ]

大相撲九州場所11日目 ( 2019年11月20日    福岡国際センター )

竜電(右)にもろ差しを許すも寄り切った白鵬(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 白鵬が力技で竜電を下して1敗を守った。立ち合いすぐに左上手をつかんだものの、右は差し負けて、もろ差しを許した。「(右を)差せれば言うことないけど、差せなかったから」と腹を決め、外四つで寄せきった。

 力強い内容に「今場所はそんな感じです」と余裕の笑み。6日目から優勝争い単独トップで終盤戦を迎え「まあ一番、一番」と集中力を一層高めている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月21日のニュース