羽生結弦がNHK杯公式練習に参加、3年ぶりVへ22日にSP

[ 2019年11月21日 15:26 ]

<NHK杯公式練習>練習する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのGPシリーズ、NHK杯に出場する男子の羽生結弦(ANA)が21日、会場の札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで公式練習を行った。12選手中11番目に登場する22日のショートプログラム(SP)に向け、軽快に汗を流した。

 フリー曲「Origin」を流しての滑走では、冒頭に4回転ループを決めると、続く4回転サルコーにも成功。4回転トーループ―1回転オイラー―3回転フリップは最後のフリップでバランスを崩し、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の回転が抜けるシーンもあった。

 羽生はGPシリーズ初戦だった10月のスケートカナダでSP109・60点、フリー212・99点、合計322・59点をマークして圧勝。昨季の世界選手権を制したネーサン・チェン(米国)が保持する世界最高得点323・42点の更新も視野に入れ、3年前にNHK杯を制した時と同じ真駒内のリンクに立つ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月21日のニュース