御嶽海6敗目 2ケタ勝利消え「申し訳ない」 高田川審判部副部長は叱咤「覇気がない」

[ 2019年11月21日 05:30 ]

大相撲九州場所11日目 ( 2019年11月20日    福岡国際センター )

遠藤(左)に敗れ黒星先行の御嶽海(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 御嶽海の大関獲りは振り出しに戻った。遠藤戦はもろ差しとなったが、巻き替えられ左四つとなると防戦を余儀なくされ、最後は右四つで寄り切られた。

 10勝到達が消滅する6敗目。高田川審判部副部長(元関脇・安芸乃島)は「覇気がない。2桁じゃないと次の場所にもつながらない」との見解を示した。

 御嶽海は「2桁取れないので申し訳ないなと思いました。皆さんの期待に応えられない自分がいる。それが一番もどかしい」と目を閉じながら話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月21日のニュース