朝乃山 得意の形で10勝に王手「自分の相撲を取りきって終わりたい」

[ 2019年11月21日 05:30 ]

大相撲九州場所11日目 ( 2019年11月20日    福岡国際センター )

宝富士(左)を攻める朝乃山
Photo By 共同

 朝乃山はケンカ四つの宝富士を圧倒し、白鵬との1差をキープした。立ち合いはかち上げて右差し、得意の形で休まずに攻めきった。

 「右を差し勝ったので、左でおっつけながらいきました。(相手は)突き落としがうまいことも頭に入れて」。

 秋場所に続く2桁勝利に王手をかけたが「2桁を意識すると硬くなる。自分の相撲を取りきって終わりたい」と目の前の一番に集中する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月21日のニュース