男子400Mリレー 五輪枠は獲得も…作戦失敗で9位

[ 2019年7月22日 05:30 ]

水泳世界選手権第10日 ( 2019年7月21日    韓国・光州 )

<世界水泳光州2019・競泳初日>男子4×100メートルリレー自由形予選第2組、レースを終え引き揚げる(左から)塩浦、難波、中村、松元(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子400メートルリレー予選でメダルを目標に掲げた日本(中村、塩浦、松元、難波)が、策におぼれた。

 決勝を見据えて体力を温存する作戦が裏目に出て、9位に低迷。予選通過ライン8位のハンガリーとは0秒26差だった。第1泳者の中村は「残念な結果。ただ、余力を残して予選を通過しないとメダルは獲れない。(1日に)2本、100%で泳ぐのはかなり難しい。次は絶対に失敗しないようにしたい」と胸中を吐露。東京五輪の出場枠を獲得したことが唯一の救いとなった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月22日のニュース