パット不調…渋野 70で悔しい35位「疲れました」

[ 2019年7月22日 05:30 ]

女子ゴルフツアー サマンサタバサ・レディース  最終日 ( 2019年7月21日    茨城県 イーグルポイントGC )

2番、渋野日向子はティーショットを放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 後半のアウトで3バーディーを奪った渋野は70、連続オーバーなしのラウンドを18まで伸ばしたが35位。それでも「ショットは悪くないのに、パターが入らなくて疲れました」と優勝争いに加われず悔しそうに話した。

 初の海外ツアーとなる全英女子オープン出場のため25日に渡英する。ショットは好調をキープしているようで「分からないことだらけですが、80は打たないよう頑張ってきます」と笑わせた。

 ▼13位工藤遥加 (小祝と)10打差なので…。笑うしかないですね。でも試合が少ない中で最終日最終組を回れたのは良いことだと思うので、プラスに捉えて。悪かったところを反省して明日からの練習につなげたい。(最終組も74と崩れる)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月22日のニュース