シェーン・ローリー 初のメジャー制覇

[ 2019年7月22日 05:34 ]

米男子ゴルフツアー 全英オープン最終日 ( 2019年7月21日    英国北アイルランド ロイヤルポートラッシュGC )

全英オープン選手権で初優勝し、トロフィーにキスするシェーン・ローリー
Photo By 共同

 単独首位から出たシェーン・ローリー(32=アイルランド)が4バーディー、5ボギーの72で回り、通算15アンダーで初メジャー制覇を果たした。6打差の2位に通算9アンダーでトミー・フリートウッド(28=英国)。通算7アンダーのトニー・フィナウ(29=米国)が3位に入った。

 ローリーは、第3ラウンドで63のビッグスコアをマークし2位に4打差をつけてスタート。午後からは激しい風雨に見舞われライバル達が次々と後退するなか、大量リードに守られ逃げ切った。大勢のギャラリーの大声援に迎えられた18番。約20センチのウィニングパットを決めると両手を突き上げ喜びを爆発させると家族らと歓喜の抱擁を交わした。アイルランド島出身の32歳。1951年以来、68年ぶりとなった北アイルランドでの開催に華を添えた。

 日本勢は強風にショットが乱れ、浅地洋佑(26=フリー)が通算6オーバー、稲森佑貴(24=フリー)は通算9オーバーで大会を終えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年7月22日のニュース