羽生 エキシビションに参加 「春よ、来い」で3回転ループとディレードアクセルを跳ぶ

[ 2018年11月5日 03:50 ]

エキシビション、情感豊かに滑る羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのGPシリーズ、フィンランド大会のエキシビションが4日、ヘルシンキで行われ、男子優勝の羽生結弦(23=ANA)らが参加した。

 羽生は今季のエキシビションナンバー「春よ、来い」(松任谷由実作曲)のピアノの旋律に乗って、3回転ループとディレードアクセル(大きな1回転半ジャンプ)を跳び、力強く、そしてしっとりと滑った。

 女子優勝のアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)は「サバイバー」(デスティニーズ・チャイルド)を艶やかに舞い、革ジャンを脱いで髪を結うパフォーマンスで沸かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2018年11月4日のニュース