千賀ノ浦親方「8人全員を預かる」 貴親方と提出書類を作成、提出へ

[ 2018年9月26日 15:45 ]

貴乃花部屋を訪れた千賀ノ浦親方は報道陣に事情を説明する(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 大相撲の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が26日、都内の貴乃花部屋を訪れた。貴乃花親方(元横綱)と弁護士を交えて、弟子の受け入れなどについて話し、必要な書類を作成したことを明かした。

 同部屋を出た千賀ノ浦親方は、報道陣の取材に対応。貴乃花親方が身を引くことについて事前に相談はなく、昨日昼過ぎに聞いたそうで「突然でびっくりして声が出なかった」。貴乃花親方からは「弟子をお願いします」と言われたという。

 この日の話し合いの席では、貴乃花親方からあらためて「よろしくお願いします。申し訳ありませんが、どうしてもお願いします」と弟子の受け入れを要請された。貴乃花親方は穏やかな表情だったという。

 貴乃花親方が部屋を閉める決断をしたことについて、千賀ノ浦親方は「本人が決めること。何もない。引退にも驚いているが、(貴乃花親方は)意思が固い」と心境を明かした。

 25日に提出した所属変更願の書類には千賀ノ浦親方の押印がなかったとして相撲協会に受理されなかった。報道陣から、弟子を受け入れるための書類は出来上がったかと問われた千賀ノ浦親方は「そういうことです」とうなずき、これから貴乃花親方らと全員で提出するのかという質問にも「そうです」と答えた。提出するタイミングについては明言せず、弟子を受け入れる時期も「まだ具体的には…」と話すに留めた。

 ▼千賀ノ浦親方の話 以前、会食の席などで何かあったら弟子を頼むと何回か聞いていた。引退については25日の昼過ぎに聞いた。今日の貴乃花親方の表情は優しい穏やかな顔になっていた。8人全員を預かることになります

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年9月26日のニュース