【記者の目】貴親方 のめない交換条件受け…引退と引き換えに迫った協会改革

[ 2018年9月26日 11:00 ]

貴乃花親方 衝撃の引退届

日本相撲協会に退職届を提出し、会見を開いた貴乃花親方
Photo By スポニチ

 貴乃花親方は自らの引退と引き換えに、相撲協会に改革を迫る大きな決断を下した。退職の理由とリンクする無所属の親方の一門への帰属問題が決まったのは、7月の理事会とされる。しかしその件は直接、協会から貴乃花親方には伝えられず、人づてに噂を聞くだけだった。

 ところが、いずれ何らかの説明があるだろうと待っていた貴乃花親方に話が来たのは、内閣府への告発内容の全否定を求める、親方にとってはとうていのめない交換条件。会見に同席した顧問弁護士は「3月に告発を取り下げ一兵卒で出直すと言った。それなのにまた告発状の内容を問題にしてきた。親方にすれば同じことの繰り返しだと思ったのではないか」と胸中を代弁した。

 貴乃花親方の一門の受け入れについては、朝日山親方(元関脇・琴錦)が間に入り、伊勢ケ浜一門で受け入れる動きもあった。もし、親方と会った協会の役員が告発状の全否定を条件に付けていなければ、貴乃花部屋が新たな一門から再出発する可能性もあった。

 協会が執拗(しつよう)に告発状の問題にこだわった理由については、関係者の間で、内閣府の協会への監視の目が厳しくなるためなどの推測の声も出ている。一方で一部の親方が協会の総意ではない動きに出て、貴乃花親方を追い詰めたとの見方もある。

 また、不可解なのは、協会がなぜこのタイミングで一門への帰属問題を早急に決めようとしたのかということだ。この件について協会は公式にその理由を明かしていない。いずれにしろ、今回の引退劇が、協会の組織運営の問題点を浮かび上がらせることになったのは間違いない。(編集委員・大渕 英輔)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月26日のニュース