中田監督気合「表彰台上がる」29日開幕バレー女子世界選手権

[ 2018年9月26日 05:30 ]

笑顔でポーズをとるバレーボール女子日本代表(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 29日開幕のバレーボール(横浜アリーナほか)の世界選手権に出場する世界ランク6位の女子日本代表が、都内で記者会見し、中田久美監督(53)は「チーム一丸となって“伝説に残るチーム”の光となる大会にしたい」と意気込みを語った。

 ジャカルタ・アジア大会では4位と振るわなかったが、指揮官は「就任当初からの目標は変えない」と2大会ぶりのメダル獲得を掲げた。A組の日本は初戦で世界ランク11位のアルゼンチンと対戦。大会は24チームが4組に分かれて1次リーグを戦い、各組上位4チームが2次リーグに進出。2組による2次リーグは各組上位3位まで通過できる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月26日のニュース