花田虎上 弟・貴親方の引退決断に「辞めたら終わり。協会に残った方がいい」

[ 2018年9月26日 08:49 ]

元横綱若乃花の花田虎上
Photo By スポニチ

 大相撲の元横綱・若乃花のタレント花田虎上(47)が26日、TBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)に出演。25日に退職届を提出したことを発表した弟の貴乃花親方(元横綱)への思いを語った。

 若乃花は弟の決断に「常にいろいろ計算をして考えている。ただ単にかたくなな人間ではなくて、辞めてから柔軟な人間になっていければ変わってくると思うんですけど。でも、そこが貴乃花の魅力なので難しいところですよね」とコメント。「本人も入りたくないし、5つの一門も入れたくない。それがこの結果(引退)になった」と推測した。

 貴乃花部屋の力士について話が及ぶと、「弟子たち本人もそうですし、親御さんも預けるにあたって相当な思いで預けているわけです。そこを大切にしてほしかった。我慢できなかったのか、というのが正直な思い。心で支えるというのはきれいな言葉ですけど、辞めたら終わりですから」と指摘。「(引退の決断を)支持する支持しないじゃなくて、協会には残っていた方がいい。自分で器用だと思っているかもしれないけど、そんなに器用じゃない」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年9月26日のニュース