貴親方 苦渋の引退届「日馬事件」告発状巡り協会の“圧力”主張

[ 2018年9月26日 05:30 ]

引退会見を終え口元を引き締める貴乃花親方(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 大相撲の貴乃花親方(46=元横綱、本名・花田光司)が25日、日本相撲協会に引退(退職)届を提出し都内で会見を開いた。引退の理由として内閣府に提出した告発状の内容を事実無根と認めるよう、相撲協会から有形、無形の“圧力”があったと主張。現在所属する力士、床山ら協会員は、千賀ノ浦親方(57=元隆三杉)率いる同部屋への変更を願い出た。なお相撲協会は貴乃花親方の言い分を否定し、引退届は受理していないとした。

 15年前の現役引退時は「すがすがしい気持ちです」と語った貴乃花親方が、約300人の報道陣の前で「苦渋の選択」と退職に至った思いを口にした。

 相撲界を離れる決意をしたのはこの日の朝。貴景勝や貴ノ岩、貴源治ら弟子を集め思いを伝えた。大半が涙ぐみその思いを受け止めた様子だったという。

 引退の引き金になったのは春場所前に内閣府に出した告発状だった。相撲協会は今年1月、貴ノ岩に対する元横綱・日馬富士の傷害事件を受け、貴乃花親方の対応に問題があったとして降格処分を科した。これに貴乃花親方は反発。内閣府に調査を求めていたが、3月に弟子の貴公俊の暴行問題が起きて告発を取り下げていた。

 「処分を一兵卒として受け止め審判の仕事を粛々と進めていましたが、8月7日に受け取った(相撲協会の)書面には告発の内容は事実無根と書かれていました。それに対し事実無根ではないと返答したところ、事実無根と認められなければ、親方を廃業せざるを得ないなどの有形、無形の要請を受け続けた」

 会見に同席した弁護士によれば、貴乃花親方が事実無根ではないと8月下旬に回答した後、今度は9月13日に年寄会から文書が送られてきて、9月27日の年寄総会でその意図について説明するように出席を求められたという。

 さらに相撲協会は7月の理事会で全親方は出羽海、二所ノ関など5つの一門に所属し、無所属を認めないと決定。貴乃花一門から離脱した貴乃花親方は無所属のため、27日の理事会までに所属の一門を決めなければクビになるとの話が相撲界に広がった。この件について貴乃花親方は相撲協会から何の説明もなかったとしており、秋場所後半にある役員が貴乃花親方に告発状が事実無根だと認めれば、どこかの一門に入れる旨を伝えたという。

 そうした状況に「真実を曲げて事実無根だと認めることはできない」としていた貴乃花親方も「このままでは弟子が安心して鍛錬し精進することができない。知らず知らずのうちに萎縮してケガをすることは避けたかった」とその影響を考慮。「断腸の思い」で身を引くことを決断した。

 貴乃花親方の会見を受けて、相撲協会は引退届を受理していないとの見解を明かした。しかし貴乃花親方は「(残る可能性は)ございません」と明言。ただ、今後協会と争う考えはないとし「部屋にある土俵は残し、弟子が迷ったら相談に乗ってあげたい。今はそれ以外に何をするか全く考えていない」と話した。改革派と呼ばれた相撲界の大スターが、志半ばで静かに相撲人生に終止符を打つ。

 ▽一門 相撲部屋の系統や師弟関係で結ばれた人脈的な派閥。今年6月に貴乃花一門が消滅したため、現在は出羽海、二所ノ関、時津風、高砂、伊勢ケ浜、5つの一門がある。各一門には相撲協会から助成金が支給され、以前は一門のトップに当たる総帥が貢献度を考慮して各部屋に分配していた。しかし、近年は所属する協会員の数に応じて機械的に分配する。また、場所前には部屋の垣根を越え、各一門で連合稽古を行うのが恒例となっている。

 ◆貴乃花 光司(たかのはな・こうじ)本名・花田光司。1972年(昭47)8月12日生まれ、東京都中野区出身の46歳。父は元大関・貴ノ花、伯父は元横綱の初代・若乃花。88年春場所初土俵。兄の3代目若乃花と兄弟横綱となり空前のブームを起こす。優勝22回。03年初場所中に引退して一代年寄「貴乃花」を襲名。04年2月に二子山部屋を継承し、部屋名を変更。10年に日本相撲協会理事となり、審判部長などを歴任。18年1月に理事を解任され、2月の理事候補選挙で落選。3月に弟子の暴行問題などで年寄に降格した。1メートル85、血液型O。家族は景子夫人と1男2女。

 【日馬富士問題からの経過】
 ☆17年10月26日未明 貴乃花親方の弟子の貴ノ岩が元横綱・日馬富士に暴行を受ける
 ☆10月末 鳥取県警に被害届を提出
 ☆11月14日 スポニチが元横綱・日馬富士の暴行事件を報道
 ☆同月22日 危機管理委員会による貴ノ岩聴取への協力要請を貴乃花親方が拒否
 ☆12月25日 危機管理委の聴取を受ける
 ☆18年3月9日 貴ノ岩の春場所出場を明言。理事会、年寄総会を欠席。傷害事件に絡む協会の対応を問題視し、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出したことを明言
 ☆同月18日 弟子の貴公俊が春場所8日目の取組後に付け人を複数回殴打
 ☆同月19日 貴乃花親方が協会の臨時役員会合で弟子の暴行問題を謝罪
 ☆同月28日 臨時年寄総会で一連の言動を謝罪。内閣府への告発状を取り下げ
 ☆8月7日 協会から「告発状は事実無根」と結論づけられた書面が届く
 ☆9月25日 引退届を協会に提出

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月26日のニュース