フクヒロは8強入り!韓国ペアを2―1で下す

[ 2018年9月14日 05:30 ]

バドミントン ダイハツ・ヨネックス・ジャパン・オープン第3日 ( 2018年9月13日    武蔵野の森総合スポーツプラザ )

ジャパンオープン初戦を突破した福島(左)、広田組
Photo By スポニチ

 女子ダブルスの第1シード、福島、広田組は韓国ペアに2―1で勝利し、8強入りを決めた。

 五輪会場での初戦で対応に苦慮したが、福島は「シャトルが思ったよりも飛ばなかったけれど、我慢して勝ち切れてよかった」と安どした。大会前には、師事する今井彰宏氏が金銭的な不正があったとされる問題で日本協会の会員登録を無期限で認められない処分が決まった。福島は「それに関してはノーコメントで、すみません」とだけ語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月14日のニュース