上原 後半崩れる…好相性の大会で苦しいスタート

[ 2018年9月14日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー エビアン選手権第1日 ( 2018年9月13日    フランス エビアン・リゾートGC )

エビアン女子ゴルフ第1ラウンド、3番でショットを放つ上原彩子
Photo By 共同

 上原にとって、苦しいスタートとなった。

 昨年は10位と相性のいい大会で「最後のメジャーでもあるし、このコースは好きなので頑張りたい」と臨んだラウンド。前半で3バーディーを奪う上々のスタートも、後半に入ると11、12番で2メートル前後のパーパットを外すなどグリーン上で精彩を欠いた。16番パー3ではティーショットを奥のバンカーに入れ、第2打を2メートル強に寄せるも決めきれず。バックナインでスコアを落とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月14日のニュース