野口がボルダリング2位 3大会連続でメダルを獲得 Sクライミング世界選手権

[ 2018年9月15日 05:31 ]

 スポーツクライミングの世界選手権第8日は14日、インスブルックで女子ボルダリングの決勝が行われ、ジャカルタ・アジア大会複合金メダルで29歳の野口啓代(TEAM au)が2位に入り、3大会連続でメダルを獲得した。21歳の野中生萌(同)は5位。

 6人で争われた決勝は各選手が4課題に臨み、野口は2完登をマーク。ボルダリングで前回2016年大会2位で、今季ワールドカップ(W杯)総合優勝の野中は完登なしに終わった。リードで2位だったヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が優勝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月14日のニュース