PR:

日本、カザフに快勝 八村&渡辺がけん引「チームとして機能してきている」

 バスケットボール男子の2019年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第1戦は13日、アルマトイで行われ、F組の日本はカザフスタンに85―70で快勝し、勝ち点を10とし同組4位に浮上した。八村(米ゴンザガ大)が24点、米プロNBAグリズリーズと「ツーウエー契約」を結んだ渡辺が17点と海外でプレーする2人が攻撃をけん引した。

 2次予選は1次予選の成績が持ち越され、12チームが2組に分かれて戦い、開催国の中国を除く7チームがW杯出場権を獲得する。日本は17日にイランと対戦する。

 ▼八村塁の話 しっかり勝てたことは大きかった。チームとして機能してきているのを感じる。(イラン戦は)リバウンドが鍵になってくる。そういうところをもっと意識してやりたい。

 ▼渡辺雄太の話 まだ改善点が多い。米国で高いレベルでやっている選手がしっかり引っ張っていかないといけないという意識はある。(イラン戦は)勝たないといけない。負けは許されない。

 ▼フリオ・ラマス日本男子代表監督の話 いい勝利を飾れた。勝つことで自信もつく。40分間、チーム全体でディフェンスをしっかりできたことが良かった。(渡辺と八村が加わり)もっといいチームになると期待している。現状でも間違いなく強くなっている。

 ▼篠山竜青の話 前半からオフェンスリバウンドをある程度取ることができたのが良かった。一丸で戦えているという雰囲気を感じながらやれている。(イラン戦は)自分たちのバスケットをして、ホームでいい試合をして勝ちたい。(共同)

[ 2018年9月14日 09:02 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月23日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画