御嶽海 過去2勝5敗“難敵”栃ノ心撃破!圧倒寄り切り

[ 2018年9月14日 05:30 ]

大相撲秋場所5日目 ( 2018年9月13日    両国国技館 )

<秋場所5日目>栃ノ心(左)を寄り切りで破る御嶽海(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 大関獲りの関脇・御嶽海が壁を一つ乗り越えた。過去2勝5敗だった大関・栃ノ心を5秒で仕留め、「いい相撲を取れたと思います」と自賛した。

 立ち合いで頭一つ低く当たり、間髪入れずに前に出ると、反撃の隙を与えず寄り切った。相手は前日の玉鷲戦で右目付近を腫らし、右足親指に不安を抱えた手負いの状態とはいえ、「はじいて前に出ようと思った。しっかりはじけた」と描いた姿を土俵で体現し、今場所初の上位戦でも力強さを見せつけた。

 6日目の相手は2日連続の大関戦となる豪栄道。「大関に勝ったのは自信になります」と栃ノ心撃破で波に乗る男に怖いものはない。心身ともに充実する25歳は「しっかり自分の相撲をやれば白星はついてくる」と自信たっぷりだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月14日のニュース