田村がトップ通過 社会人ゴルフ選手権関東リベンジマッチ

[ 2018年9月1日 05:30 ]

スポニチ創刊70周年記念 内閣総理大臣杯第49回日本社会人ゴルフ選手権関東リベンジマッチ ( 2018年8月31日    神奈川県磯子CC=6479ヤード、パー72 )

首位でリベンジマッチを通過した田村
Photo By スポニチ

 関東予選を通過できなかった人が関東大会(12日、神奈川・箱根CC)へのラストチャンスに挑み、田村直樹(48)が前半34の貯金を生かして1オーバーの73でトップ通過。上位24人が関東大会に進出した。関東予選は全て終了、関東大会は予選通過者にシード選手を加えて行われる。なお大会成績は別掲アドレスの大会サイトにも掲載される。

 3バーディー、4ボギーの73で、トップ通過の田村は「せっかくリベンジのチャンスをもらえたので頑張りました。チップインもあり、パットにも苦しまず、いいゴルフができました」と喜んだ。2年ぶりだった関東予選は、8月6日の神奈川(スリーハンドレッドC)に出場したが、手がしびれるほどの熱中症に見舞われ途中棄権となった。千葉県野田市でゴルフ練習場を経営。「社会人にとって名誉ある大会ですから最後まで行きたい。でもまず箱根CCのグリーンを攻略したい」と関東大会への意欲を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月1日のニュース