五郎丸 リーグ通算1195点 最多得点記録を更新

[ 2018年9月1日 18:15 ]

<ヤマハ発動機×コカ・コーラ>ヤマハ発動機は前半41分、五郎丸がPGを決め、トップリーグ通算得点記録を更新する
Photo By スポニチ

 ラグビートップリーグ、ヤマハ発動機の元日本代表FB五郎丸歩(32)がリーグ通算最多得点記録を更新した。1日、豊田スタジアムで行われた開幕節のコカ・コーラ戦で、前半終了間際に正面やや左から約15メートルのペナルティーゴール(PG)を成功。リーグ通算1189点として、従来の最多得点記録者ニコラス・ライアン(サントリー→三菱重工相模原)の1188点を抜いた。

 昨季終了時点で1182点だった五郎丸は前半6分と同27分のゴールキックをいずれも成功。同32分のゴールキックは失敗したが、前半終了間際に敵陣のスクラムで相手が反則を犯したチャンスに確実に決めた。

 後半にもタッチ際の難しい角度からも含め、3本のゴールキックを全て成功。この日は13得点で、通算1195点まで伸ばした。試合は6トライを挙げたヤマハ発動機が43―3で快勝し、悲願のリーグ初優勝へ白星スタートを切った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月1日のニュース