バスケ男子は有終7位 不祥事に揺れた今大会 太田「本当に長かった」

[ 2018年9月1日 05:30 ]

ジャカルタ・アジア大会 バスケットボール男子7・8位決定戦   日本84―66インドネシア ( 2018年8月31日    ブンカルノ・イストラ )

 8人での戦いが終わった。7、8位決定戦で日本は、84―66でインドネシアを退けた。

 買春行為による4選手の追放という不祥事に揺れた2週間以上の戦いを終え、太田は「本当に長かった。いろんな大変なことがあった」としみじみと言った。辻は「二度とこういうことがないように行動していく。五輪出場権を確実に取ることが、いいニュースになる」と名誉挽回を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月1日のニュース