星野、パット好調首位キープ 初Vへ意欲「負けたくない」

[ 2018年9月1日 05:30 ]

男子ゴルフツアー フジサンケイ・クラシック第2日 ( 2018年8月31日    山梨県富士桜CC=7566ヤード、パー71 )

18番、パーパットを決めガッツポーズする星野(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 首位で出た星野は14番から4連続バーディーなどでスコアを3つ伸ばした。ティーショットを大きく右に曲げた8番も第3打をピンまで1メートルにつけてパーをセーブ。「8番は運もあったが、全体的にパッティングが良かった」と好調の要因を挙げた。

 同組で回った水城高(茨城)、日大で先輩の松原も2差3位と好位置をキープ。「先輩とは切磋琢磨(せっさたくま)して頑張っていきたいが、優勝争いでは負けたくない」と初優勝に意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月1日のニュース