稀勢、4勝4敗も取組後は笑顔 八角理事長「帯広で見たときよりいい」

[ 2018年9月1日 05:30 ]

豪栄道(左)を激しく攻める稀勢の里(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 大相撲秋場所(9日初日、両国国技館)に向けた横綱審議委員会(横審)による稽古総見が31日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、8場所連続休場中の横綱・稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)は横綱・鶴竜、豪栄道、栃ノ心の両大関との申し合いで4勝4敗だった。万全とは言えない状況ながら、復活への兆しも垣間見える内容となった。

 和製横綱が、がむしゃらになった。最初に豪栄道の低い攻め、2番目は鶴竜の裾払いに屈したが、4番目に豪栄道に顔を張られて火が付いた。気迫を前面に出すように張り返し、まわしにこだわらず前に出た。敗れて土俵を下がろうとした際には、白鵬から「勝負」とハッパを掛けられ、土俵に戻った。「久々にああいう相撲が取れて良かった」と笑顔を交えながら振り返った。

 横綱昇進後、稀勢の里が横審で相撲を取ったのは3度目。今年初場所前は2勝6敗、夏場所前は3勝5敗と精彩を欠いた。これまで苦言を呈してきた横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)も「体は戻ってきたように見えた。気迫もこもっていた。期待している」と話し、進退に関する言及を避けた。

 腰が高いため、懐に入られると対応しきれない場面もあった。だが、懸命に左を巻き替えるなど、もがいた。夏巡業も視察した八角理事長(元横綱・北勝海)は「(18日に)帯広で見たときよりは(体の張りが)いい感じがする」と変化を感じ取っていた。一方で「稽古場で相撲勘と言っても、本場所では重圧が違う」とも話した。

 初日までの1週間、どれだけ上積みできるかで運命は変わる。「この総見がいいきっかけになればいい」。辛酸をなめ続けた横綱は前だけを見つめて復活を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月1日のニュース