栃ノ心、関脇に快勝 30日に関取と稽古開始も「調子上がっている」

[ 2018年9月1日 05:30 ]

稽古総見

豪栄道(右)と組み合う栃ノ心(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 右足親指を痛めている栃ノ心は7勝4敗。豪栄道、鶴竜、稀勢の里に計3敗だったが、御嶽海、逸ノ城の両関脇には右四つからの寄りなどで格の違いを見せた。

 関取との稽古は30日に開始したばかり。「調子が上がってきている。昨日より今日だね」とプラスに捉えた。午後には食品メーカー「フジッコ」のイベントに参加。同社の「カスピ海ヨーグルト」を食し、「(ヨーグルトのように)粘り強い相撲を見せたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月1日のニュース