再出場で奮闘 「遠藤コール」に「明日以降の励みに」

[ 2018年5月23日 05:30 ]

大相撲夏場所10日目   ●遠藤―白鵬○ ( 2018年5月22日    両国国技館 )

遠藤(左)を送り出しで破る白鵬(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 右上腕二頭筋遠位部断裂で7日目から休場していた新小結が再出場で奮闘した。

 「遠藤コール」が湧き起こる中、結びで白鵬と対戦。一気に押し込まれたが回り込み、懐に入ろうと試みた。最後は送り出しで敗れたが、サポーターを巻いた右腕を気にするそぶりもなく取り切った。「(声援に)応えられれば良かったが、勝負なんで。再出場でも変わらず応援していただけるのはうれしい。明日以降の励みにもなる」。4日ぶりの土俵でファンに感謝していた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月23日のニュース