貴ノ岩が勝ち越し 十両の優勝争いにも1差で追り「最後までしっかりやるだけ」

[ 2018年5月23日 15:50 ]

大相撲夏場所11日目 ( 2018年5月23日    両国国技館 )

 西十両11枚目の貴ノ岩(28=貴乃花部屋)が勝ち越しを決めた。新十両の西14枚目の若隆景(23=荒汐部屋)が立ち合いで左に変わり、横に食いつかれる形になった。そこから右半身で踏ん張り、左上手を取って前に出て、粘る相手を上手投げで転がした。

 「横から攻められて少しヒヤッとした」というものの、慌てずに勝利につなげた。元横綱・日馬富士の傷害事件で頭部を負傷し、昨年九州場所から2場所連続休場。復帰した春場所は終盤の3連勝で千秋楽に勝ち越したが、今場所は順調に勝ち星を伸ばしている。「先場所よりは稽古ができている。(相撲勘なども)良くなっている」と手応えを感じている。

 十両の優勝争いは2敗で琴恵光、明生、剣翔が並び、貴ノ岩は阿武咲、徳勝龍、矢後とともに1差で追っている。「最後までしっかりやるだけ」と目の前の一番に集中していく。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月23日のニュース