日大緊急会見大荒れ 日大ブランド凋落心配する声に「いいえ、落ちません!」

[ 2018年5月23日 22:09 ]

<日大アメフット部会見>謝罪する日大アメフット部・内田前監督(左)と井上コーチ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 6日に行われた学生アメリカンフットボールの試合で日大の選手が無防備な関西学院大選手に後方から悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大は23日、午後8時から東京都内で内田正人前監督(62)、井上奨(つとむ)コーチ(30)が出席して緊急会見を行った。

 前日22日に加害者側の日大DL宮川泰介選手(20)が開いた記者会見で反則は監督、コーチからの指示だったと主張していたが、内田前監督と井上コーチはこの日の緊急会見冒頭で謝罪したものの、関学大のクオーターバック(QB)をつぶせという指示については改めて否定した。

 だが、宮川選手を精神的に追い詰めた指導者側の厳しい言葉の数々については「言っていない」「覚えていない」と内容が変化。報道陣からは厳しい追及が続いたが、司会を務める日大関係者が「もうやめてください」「(会見を)打ち切りますよ」「あなた、しつこいんですよ」などとイライラしたように応戦するなど、会見は大荒れの様相となった。

 報道陣から「あなたの発言で日大のブランドが落ちるかもしれないんですよ」の言葉が飛ぶと、司会者は「いいえ、落ちません!」と返答する場面もあった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年5月23日のニュース