PR:

日大・内田前監督が緊急会見 QBつぶし否定「私の指示ではない」

<日大アメフット部会見>会見で深々と頭を下げる井上コーチ(左)と内田前監督(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチ(30)が23日、東京・千代田区の同大学で会見した。

 冒頭、内田前監督は、「一連の今回の問題につきまして関西学院大の負傷された選手、ご家族の方に対して誠に申し訳ありませんでした。関西学院大の部員の皆様、関係者の皆様申し訳ありませんでした。昨日、会見した宮川くんに対してあのような気持ちにさせてしまったこと、申し訳なく反省している次第です。指導者として誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。

 井上コーチも「私の未熟さ。関西学院大の負傷された選手、そしてご家族、関西学院大の関係者の方々、昨日、あのような会見をすることになってしまった宮川選手、家族の方々、本当に申し訳ありませんでした」謝罪した。

 宮川選手にQBつぶしてこいという指示はあったかのかという質問に、内田前監督は「ルールを守るという原則でやっている」と強調し、「信じていただけないと思うが、私の指示ではございません。ですが、フィールドで起こったことなので、すべては私の責任です。申し訳ございません」と否定した。井上コーチは「内田前監督からQBをつぶしてこいという指示はありませんでした。私が宮川選手に『QBをつぶしてこい』と言いました」と自分が指示したとコメント。「相手のケガを目的としては言ってない。でも、つぶしてこいとは言った。それぐらいの気持で行ってこいという意味でした」と説明した。

 内田前監督による指示の有無が最大の焦点となっていた悪質反則問題。宮川選手は22日の会見で「相手のクオーターバック(QB)を1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」とコーチを通じて前監督から指示を受けたと主張した。

 日大は当初、前監督が学内の調査に「違反しろとは言っていない」と述べたと発表。15日付の関学大への回答書では「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きたことが問題の本質」としていた。当の前監督は辞任を表明した19日に「すべて私の責任」としつつ、指示の有無については明言を避けていた。

 日大は宮川選手の会見を受けた22日に広報部名でコメントを発表。「コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったということは事実です」と認めたものの、「ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です」と説明。「誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います」と弁明。言葉足らずにより「つぶせ」の捉え方の違いが招いた結果だとし、監督の指示を否定していた。

[ 2018年5月23日 20:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月23日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画