七種競技 北京銅のチェルノワ失格 再検査で陽性、ロンドン銅に続き

[ 2017年4月25日 00:35 ]

 国際オリンピック委員会(IOC)は24日、2008年北京五輪のドーピング再検査で禁止薬物に陽性反応を示したとして、陸上女子七種競技銅メダリストのタチアナ・チェルノワ(ロシア)を失格処分にしたと発表した。

 チェルノワは血液データを蓄積して変化を調べる「生体パスポート」で異常値を示し、既に12年ロンドン五輪の銅メダルも剥奪されている。

 ロンドン五輪陸上男子1600メートルリレー5位のメンバーだったマクシム・ドイルジン(ロシア)も同五輪の再検査で違反が見つかったために失格とした。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月24日のニュース