貴景勝、春巡業で白鵬に“こてんぱん”「全てが凄かったです」

[ 2017年4月24日 05:30 ]

白鵬(左)に稽古をつけてもらう貴景勝
Photo By スポニチ

 大相撲春巡業が23日、東京都町田市内で行われ、春場所で11勝を挙げて敢闘賞を受賞した有望株、貴景勝(20=貴乃花部屋)が最強横綱の“超絶パワー”に圧倒された。白鵬と14番取って全敗。突き、押しで攻撃を仕掛けたものの、すぐさまつかまり、右腕一本で何度も土俵に転がされた。子供扱いされながらも、観客の声援を力にして果敢に立ち向かった。突然の指名だったが「自分はただただ、ぶつかって行くしかなかった。頂点に立つ人はこういうパワーなんだと。全てが凄かったです」と得たものは大きかった。

 一方で、21日の宇良に続いて若手を指名した白鵬は「三賞も獲ったので、(貴景勝は)どんなもんかと」。実力を確かめた形だが「土俵際の押し込む力があったね。勢いというか、実力を発揮してました」と将来性を認めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月24日のニュース