宮本、POで痛恨OB…「今までの2位の中で群を抜いて悔しい」

[ 2017年4月24日 05:30 ]

男子ゴルフツアー パナソニック・オープン最終日 ( 2017年4月23日    千葉県野田市 千葉カントリークラブ梅郷コース=7130ヤード、パー71 )

18番、ティーショットを放つ宮本
Photo By スポニチ

 1打差を追った最終18番のパー5、宮本はグリーン奥からの第3打を80センチに寄せプレーオフへ持ち込んだ。ところが同じ18番での1ホール目でティーショットを大きく左に曲げてOB。最後はピックアップし、14年日本シリーズ以来の11勝目は消えた。「今までの2位の中で群を抜いて悔しい。情けない」と繰り返し、OBについては「分からない」と首をかしげた。

 プレーオフだけでなく、12アンダーで一時は単独首位に立ちながら、15、17番のボギーで逃げ切れなかったことも悔しさに輪をかけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月24日のニュース