山県亮太 29日の織田記念欠場へ 右足首に違和感

[ 2017年4月24日 13:29 ]

 リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストの山県亮太(セイコーホールディングス)がエントリーしていた29日の織田記念(広島市)を欠場することになった。関係者によると、右足首の違和感で既に大会主催者に棄権届けを提出した。

 山県は3月に今季初戦となったオーストラリア・キャンベラで行われた競技会で10秒06といきなり好記録をマーク。「いつもよりトップスピードが速く感じた」と手応えを実感していた。織田記念では桐生祥秀(東洋大)との日本人初の9秒台を懸けたライバル対決が期待されていたが、シーズンを通して活躍するために大事を取ることになったという。来月21日の「セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎」への出場を目指して調整を進め、6月の日本選手権(大阪・長居)、8月の世界選手権(ロンドン)へと照準を定める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月24日のニュース