村上佳菜子、現役引退 ソチ五輪12位、昨年全日本8位で決断

[ 2017年4月24日 05:30 ]

目を潤ませながらファンに手を振る村上
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で14年ソチ五輪12位の村上佳菜子(22)が23日、現役引退を表明した。東京・国立代々木競技場で世界国別対抗戦のエキシビションに出演。純白の衣装で12〜13年シーズンのSPを舞うと、涙がこぼれそうになったが、持ち前のスマイルで歓声に応えた。「ホントに幸せものだな、と感じた。浮き沈みの激しいスケート人生だったけど、いつも支えてくれたおかげでここまで頑張ることができた」。昨年末の全日本選手権で8位に終わり、決断した。

 村上が憧れ、10日に現役を引退した浅田真央さん(26)とは「お互いに頑張ったよね」とねぎらい合ったという。今後はプロスケーターとして活動。5月には歌舞伎とフィギュアがコラボするアイスショー「氷艶 破沙羅」への出演も決まった。師事してきた山田満知子コーチのような指導者になる夢も持っている。「ここがスタート。プロとして皆さんの心に残る演技ができればいい。いずれ五輪に選手を連れて行けるようになれたらいいな」と笑みを浮かべていた。

 ▼村上 佳菜子(むらかみ・かなこ)1994年(平6)11月7日、名古屋市出身の22歳。10年3月の世界ジュニア選手権で金メダルを獲得し10〜11年シーズンにシニア転向。10年GPファイナルで銅メダル、世界選手権は5度出場し13年の4位が最高だった。3月に中京大を卒業。1メートル62。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月24日のニュース