7人制ラグビー男女とも「開催国枠」濃厚 20年東京五輪

[ 2017年4月24日 05:30 ]

 ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビー(WR)で競技力向上などを担当するマーク・イーガン氏は23日、2020年東京五輪の7人制に関し、日本は男女とも開催国枠が与えられる公算が大きいとの見通しを示した。

 同氏は日本の男子がリオ五輪で4位、女子が来季のワールドシリーズ全戦に出場できる上位グループ昇格を決めたことを評価。開催国枠については今後の成績も踏まえて年内に決めるが「日本は自動的に本大会出場ができるだろう」と述べた。リオデジャネイロ五輪ではブラジルの男女代表が開催国枠で出場した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月24日のニュース