デンソー競り勝つ!巽が決勝2ラン「手応えあった」女子ソフトL

[ 2017年4月24日 05:30 ]

日本女子ソフトボールリーグ   デンソー5―4Honda ( 2017年4月23日 )

<デンソー・Honda>4回1死、勝ち越しの2ランを放つ巽
Photo By スポニチ

 3試合が行われ、昨年5位のデンソーは5年目の巽麗菜外野手(22)の右中間2ランなどでHondaに5―4で競り勝った。SGホールディングス、豊田自動織機がそれぞれ白星発進した。

 今季からレギュラー入りした巽の一振りで勝負を決めた。3―3で迎えた4回1死二塁。外角の甘い直球を右中間に運んだ。「気持ち良かったです。手応えがあって入ると思った」と自身リーグ2本目の本塁打に満面の笑みだった。伊藤良恵監督は「今年から責任感も出てきたし、軸がぶれずに広角に打てるようになった。しっかりと結果を出してくれた」と満足そうだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月24日のニュース