パナソニック 連覇へ“M1”好テンポ自賛「素晴らしいトライ生まれた」

[ 2017年1月22日 05:30 ]

ラグビー日本選手権準決勝   パナソニック36―24ヤマハ発動機 ( 2017年1月21日    花園 )

<パナソニック・ヤマハ発動機>後半、タックルを引きずって突破を図るパナソニック・ナイヤラボロ
Photo By スポニチ

 パナソニックはリーグ開幕戦で敗れた相手を退け、2年連続6度目の優勝に王手をかけた。序盤からSO山沢がアタックで好判断を見せ、WTB福岡は前半10分、35分と国内随一のスピードを発揮してトライ。ロビー・ディーンズ監督も「テンポの速い攻撃から素晴らしいトライが生まれた」と称えた。

 シーズン序盤の4戦は2勝2敗と苦しんだが、若手の成長を促しチームとしても大きく成長。指揮官は「このチームの開幕からの成長過程は素晴らしい」と話し、有終の美を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年1月22日のニュース