条治「状態確認」久々の国際大会 スピードスケートW杯第5戦へ出発

[ 2017年1月22日 05:30 ]

スピードスケートのW杯が開催されるドイツへ出発する加藤条治=21日、羽田空港
Photo By 共同

 スピードスケート男子500メートルの日本記録保持者、加藤条治(日本電産サンキョー)が21日、一昨年以来の国際大会となるW杯第5戦(27〜29日・ベルリン)に向け羽田空港から出発し、「今季はまだ一回も世界で滑っていないので、今の状態を確認したい」と狙いを語った。

 膝の状態が悪く前半戦のW杯代表には入れなかったが、国内で調整を重ねて徐々に復調。昨年末の全日本スプリント選手権で上々の滑りを見せ、W杯と平昌冬季五輪のテスト大会を兼ねる2月の世界距離別選手権の出場にこぎつけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月22日のニュース