宇良 十両優勝逃す「上には上がいるな、と」

[ 2017年1月22日 16:32 ]

大相撲初場所千秋楽 ( 2017年1月22日    両国国技館 )

 十両の宇良は里山にとったりで敗れて4敗目を喫し十両優勝を逃した。優勝は3敗を守った大栄翔。

 業師同士の対決に館内がわいた。お互い頭をつけあって激しく動き回る相撲。いったんは宇良が右のど輪で土俵際まで押したが、耐えた里山が回りながら宇良の右腕とつかんでとったり。宇良は土俵に裏返しにされた。

 「技術負けはあまり経験していない。あの体勢なら自分の方が勝つという自信みたいなものがありましたけど、上には上がいるな、と」  それでも11勝を挙げ、地元の大阪で行われる来場所の新入幕は濃厚。「今のままでは幕内で跳ね返される。跳ね返されるつもりで次に向けて頑張りたい」と、宇良流の表現で意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月22日のニュース