サントリー 2冠王手!沢木監督「だらしない展開」も

[ 2017年1月22日 05:30 ]

ラグビー日本選手権準決勝   サントリー54―29帝京大 ( 2017年1月21日    花園 )

<サントリー・帝京大>前半、素早いパス回しで帝京大を翻ろうするサントリー
Photo By スポニチ

 同点のハーフタイム。サントリーの沢木監督は選手を一喝した。「相手にも、メンバー外の選手にも、観客にも失礼だろう!」。トップリーグのチームが相手と想定して臨んだが、気迫で押されて受けに回った。後半2分にモールを押し込んで勝ち越し、スクラムで認定トライも奪ってトップリーグとの2冠に王手をかけたものの、「非常にだらしない展開だった」と沢木監督。パナソニックとの決勝へ向け「もう1回、チャレンジャーとして何をすべきか考えて準備したい」と話した。

 2年前に帝京大を率いたSH流主将は「成長している選手が多い」と後輩たちを称えた。学生が日本選手権に参加できないことについては「少し残念。学生レベルで終わりたくないという選手は多い」と話し、U―20代表を率いた経験を持つ沢木監督も「大学生が高いレベルの経験を積む、別の機会をつくらなくてはいけない」と訴えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年1月22日のニュース